事例発表:宝塚NPOセンター(質問への回答)2004年2月28日現在

@団体名 特定非営利活動法人 宝塚NPOセンター :発足から4年経過
A団体の種類
任意団体、NPO、法人等
特定非営利活動法人
B団体の目的
市民の手で市民活動を支え、市民セクターを確立し新しい市民社会の
実現に寄与する。
C団体運営資金
(差し支えない程度で)
会費、寄付金、自主事業、受託金等
2004年度予算額  3,880万円
D行政の支援有無と支援の内容 補助金交付(宝塚エコマネー運営委員会)
委託事業(宝塚市市民活動促進支援事業)
Eその他企業などの支援と連携
(あれば)
情報センター整備における技術支援
F団体としての課題 自主財源の確保
G地域通貨発行の動機 市民参画を促し、コミュニティを活性化する。
Hツールとしての効果  まちづくり協議会、NPOが地域運営委員会として自発的に運営に取り組み、
地域リーダーの発掘養成、主体的な地域組織の運営ノウハウの蓄積が
行われ、地域のニーズの顕在化と地域資源としての人材の発掘が行われている。
地域での支え合いのしくみとしても機能している。
I地域通貨運営に関する課題 新しいメニューの開発
J団体が期待する参画と協働 NPOの自立と発展を促進する協働
K地域通貨拡大のために
期待する参画と協働
アドボカシーによる施策反映

参画と協働のフォーラム「響け!地域づくりのハーモニー」報告へもどる